シミ取りクリーム 腕 使い方

シミ取りクリームの腕への使い方とは?

 

シミ取りクリーム,腕,使い方

 

シミ取りクリームの腕への使い方について紹介します。

 

腕に塗るタイミング

 

シミ取りクリーム,腕,使い方

 

シミ取りクリームを塗る時にはタイミングが重要です。そのタイミングとは、肌の水分量が多い時です。その理由はメラニンが肌の深部にあるからです。シミ取りクリームを肌に浸透させ、深部まで有効成分を届けるには、毛穴が開いて肌の水分量が多い時が最も有効なのです。

 

具体的には、お風呂上りや運動を行った後等の体温が上がっている時がおすすめです。

 

腕への塗り方

 

シミ取りクリーム,腕,使い方

 

シミ取りクリームを塗る際は、当然ですが、腕の肌を清潔にしてから塗ります。その際、有効成分を浸透させるためには、ハンドプレスを5秒程度行うと効果的です。手の温かさを与える事で、よりシミ取りクリームの成分を深部まで届ける事が出来ます。

 

コットンを使って付けるよりも、自分の手でシミ取りクリームを優しく塗り込み、優しくハンドプレスして馴染ませた方が良いです。

 

また、シミ取りクリームの有効成分を染み込ませる方法として、蒸しタオルを腕に当ててパックをしてみるのも効果的です。

 

腕のシミに効果的な成分

 

シミ取りクリーム,腕,使い方

 

腕のシミには、ハイドロキノンやトレチノインというシミの改善に効果が期待出来る成分が含まれているシミ取りクリームを使用します。ハイドロキノンにはメラニンの生産に関わる酵素の働きを阻害する作用と、メラニン色素を生産するメラノサイトに働きかけてメラニン色素を減少させる効果が期待出来ます。

 

トレチノインは、細胞分裂を活性化させて肌の新陳代謝を促進させる作用があります。特に老人性色素斑は、過剰なメラニン色素が排出されない事が原因で現れるため、トレチノインの効果で改善が期待出来ます。

シミ取りクリームの胸への使い方とは?

 

シミ取りクリーム,腕,使い方

 

シミ取りクリームの胸への使い方を紹介します。

 

胸のシミを薄くする成分

 

シミ取りクリーム,腕,使い方

 

胸のシミを薄くする働きのある成分には、ビタミンC誘導体やハイドロキノンがあります。ビタミンC誘導体やハイドロキノンには、美白効果が期待できるので、すでに出来てしまった胸のシミを薄くするのに効果的です。

 

顔用のシミ取りクリームも代用可能

 

シミ取りクリーム,腕,使い方

 

胸元は皮脂の分泌が活発な部位であるため、シミ取りクリームを塗るとべたついて気持ちが悪かったり、下着が汚れてしまったりする心配もあると思います。そんな時には、顔用の美白効果が高いシミ取りクリームを代用して使うこともできます。

 

それなら付けた後の気持ち悪さもありません。

 

また、胸元は脚や腕等の身体の部位に比べると皮膚が薄く、刺激を受けやすいため、なるべく肌に負担をかけないシミ取りクリームを使うと良いです。

 

胸に塗るタイミング

 

シミ取りクリーム,腕,使い方

 

シミ取りクリームを胸に塗るタイミングは、他の部位と同じように身体が温まっている時が有効です。身体が温まっていると、毛穴が開いてシミ取りクリームの成分が肌の奥まで浸透しやすくなるためです。このため、お風呂上りに塗るのが良いです。

 

炎症性色素沈着の場合

 

シミ取りクリーム,腕,使い方

 

炎症性色素沈着によるシミの場合には、美白ケア成分(ビタミンC誘導体やコラーゲン等)が含まれているシミ取りクリームを塗るのは効果的です。炎症性色素沈着とは、胸にニキビやあせも等が出来た時、掻きむしるなどして肌に刺激を与えてしまったことが原因で色素沈着のシミができてしまう症状です。

シミ取りクリームの背中への使い方とは?

 

シミ取りクリーム,腕,使い方

 

シミ取りクリームの背中への使い方について紹介します。

 

美白有効成分とは

 

シミ取りクリーム,腕,使い方

 

背中のシミには、美白有効成分が配合されているシミ取りクリームを使います。美白有効成分とは、厚生労働省が肌を白くするのに有効と認可している成分の事を指します。美白有効成分は、臨床試験に基づいて美白作用がある事が分かっているため、効果が期待出来ます。

 

低刺激な美白有効成分には、

 

  • トラネキサム酸
  • アルプチンコウジ酸
  • 4MSK

 

等があります。背中のシミケアには、これらが配合されているシミ取りクリームを使うのがおすすめです。

 

背中のシミにはケシミンクリームが効果的

 

シミ取りクリーム,腕,使い方

 

背中のシミには、ビタミンCやL-システインやビタミンC誘導体等が配合されているものを塗るのが良いです。市販薬であれば、ケシミンクリームが最も効果的です。ケシミンクリームには、肌に浸透しやすいようにナノ化された高保湿成分のセラミドと3種のヒアルロン酸が配合されています。

 

また、ケシミンクリームは背中の乾燥感や色素沈着の改善にも役立ちますし、着色料やアルコールも入っていないため、敏感肌の人でも安心して使用出来ます。

 

ケシミンクリームの使用頻度は1日1回で、塗るタイミングは肌のバリア機能が低下しやすい入浴後がベストです。ただし、背中は他の部位に比べると範囲が広いため、自分で手が届かない部分にはシミ取りクリームをうまく塗れない場合があります。

 

そんな時は、家族や同居人にお願いして塗ってもらった方が良いです。第一関節の分くらいの量を手に取り、背中全体に薄く塗ってもらいましょう。

 

ケシミンクリーム以外にも、背中の色素沈着やニキビに特化している保湿クリームも効果的であるため、参考にしてみてください。

シミ取りクリームの脚への使い方とは?

 

シミ取りクリーム,腕,使い方

 

シミ取りクリームの脚への使い方について紹介します。

 

脚のシミに効果的な美白成分

 

シミ取りクリーム,腕,使い方

 

脚のシミを消すには、美白成分が配合されているシミ取りクリームを塗ります。脚のシミを改善するのに役立つ美白成分には、

 

  • アルプチン
  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス

 

などがあります。

 

アルプチン

アルプチンは、肌の漂白剤とも呼ばれていて、ハイドロキノンとブドウ糖が結合されている成分です。チロシンキナーゼという酵素を抑える事で、メラニンの生成を抑えてくれます。

 

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体もまた、メラニンの生成を抑えてくれます。更にコラーゲンの生成促進や、炎症抑制等の効果も期待出来ます。

 

プラセンタエキス

プラセンタエキスは、メラニンの生成を抑制してターンオーバーを促し、メラニンを排出しやすくしてくれます。コラーゲンやエラスチンの生成もサポートして、肌の潤いとハリをキープさせてくれます。

 

ハイドロキノンには注意が必要

 

シミ取りクリーム,腕,使い方

 

美白成分にはハイドロキノンがありますが、肌にとっては刺激が強く、乾燥を招いてしまいます。特にハイドロキノンを塗ってから紫外線を浴びると、シミが濃くなる場合があります。

 

なので、紫外線を浴びる際には、ハイドロキノンが配合されていないシミ取りクリームを使うのがおすすめです。

 

脚に塗るタイミング

 

シミ取りクリーム,腕,使い方

 

脚の皮膚は顔の皮膚に比べると厚く、ターンオーバーが遅いため、様々なアイテムを取り入れて積極的に美白を進めていくことが大切です。特に脚の皮膚は厚いため、美白成分が浸透しにくい特徴があります。そのため、脚にシミ取りクリームを塗るタイミングは、皮膚が柔らかくなっているお風呂上りに塗るのが最適です。

 

お風呂上りは脚にシミ取りクリームを塗り、保湿と美白を両立させましょう。

ルミナスホワイトシミ対策ジェルの通販購入はこちら!トップページへお肌のシミやそばかすがコンプレックスの方、肌荒れや乾燥が気になる方は、トップページでルミナスホワイトシミ対策ジェルの詳細をチェックしてみてください。