シミ取りクリーム 赤くなる 対処法

シミ取りクリームで赤くなる時の対処法とは?

 

シミ取りクリーム,赤くなる,対処法

 

シミ取りクリームで赤くなる時の対処法について紹介します。

 

使用を中止して2〜3日様子を見る

 

シミ取りクリーム,赤くなる,対処法

 

シミ取りクリームを塗って赤くなる時は、とりあえず使用を中止して2〜3日様子を見ます。その後、少しずつシミが皮ごと剥がれていくため、同時に赤みも引いてきます。赤みが引いたら、再度シミ取りクリームを使用しても大丈夫です。

 

このように何回も繰り返していくうちに皮膚が新しいサイクルを作って、シミが薄くなっていきます。そして、シミ取りクリームに対する免疫が出来、赤みやヒリヒリした痛みも出にくくなります。

 

肌の赤みが治らない場合

 

シミ取りクリーム,赤くなる,対処法

 

シミ取りクリームの使用を中止して数日経っても肌の赤みが治らない場合は、効果の現れではなく、炎症を起こしている副作用になります。赤みをそのまま放置しておくと、色素沈着してしまう可能性があるため、直ぐに病院で診察を受けるようにしましょう。

 

また、赤みのある状態で紫外線を浴び続けるのも色素沈着が酷くなるため、赤くなっている部分を何かで覆うか、肌に優しい日焼け止めを塗ってしっかりと患部を守る必要があります。

 

赤みが出ないようにするには

 

シミ取りクリーム,赤くなる,対処法

 

赤みが出ないようにするには、シミ取りクリームの使用前にパッチテストを行います。シミ取りクリームにも色々あり、人によっては成分が肌に合わない場合もあります。

 

二の腕等の皮膚が柔らかい所にシミ取りクリームを塗って絆創膏を貼り、24時間放置して様子を見ます。そこで赤みが出ないか確認をして、問題がなければシミ取りクリームの使用を開始するようにしましょう。

シミ取りクリームを塗るとシミが濃くなる原因

 

シミ取りクリーム,赤くなる,対処法

 

シミ取りクリームを塗るとシミが濃くなる原因について紹介します。

 

顔全体が明るくなる

 

シミ取りクリーム,赤くなる,対処法

 

顔全体にシミ取りクリームを塗ると、反対にシミが濃くなったように感じる場合があります。シミが濃くなったように感じる原因は、顔全体が明るくなったからです。

 

シミ取りクリームはメラニンの生成を抑制したり、すでにあるメラニンの還元作用を持っています。この作用はシミだけに作用するわけではなく、塗った部分にはどこにでも作用します。その結果として、シミの周りの肌が明るくなる事があります。

 

メラニン色素が浮き上がってくる

 

シミ取りクリーム,赤くなる,対処法

 

シミ取りクリームを塗ると、肌の奥のメラニン色素が浮き上がってきて、一時的にシミが濃くなります。

 

メラニンを排出するには、肌の奥にあるメラニンを肌表面に浮かび上がらせて外部に排出する必要があります。その時に表面に出てきたメラニンによって、シミが濃く見えてしまいます。

 

紫外線を浴びたり、合わなかったりする場合

 

シミ取りクリーム,赤くなる,対処法

 

シミ取りクリームを付けたまま紫外線を浴びてしまうと、シミ取りクリームが変性して肌を刺激し、炎症を起こしてシミを濃くしたり、新たなシミを作ったりする原因になってしまいます。また、シミ取りクリームの成分が合わなかったために炎症を起こしていると、肌への刺激となってメラニンを過剰に生成する原因になります。

 

そして、酷い場合は、色素沈着による黒ずみとして残ってしまいます。

そばかすへはシミ取りクリームよりもそばかす対策専用クリームが効果的

 

シミ取りクリーム,赤くなる,対処法

 

シミ取りクリームやそばかす対策専用クリームのそばかすへの効果について紹介します。

 

そばかすのタイプ

 

シミ取りクリーム,赤くなる,対処法

 

そばかすには下記の2種類あります。

 

  • 子供の頃に遺伝的要因でできるタイプ
  • 大人になってから紫外線が原因でできるタイプ

 

子供の頃に遺伝的要因でできるタイプのそばかすは、大人になると自然と薄くなっていきます。また、大人になってから紫外線が原因でできるタイプのそばかすは、シミ取りクリームによるホームケアでも比較的薄くなります。

 

しかし、一番良いのはそばかす対策専用クリームを使う事です。そばかす対策専用クリームがない場合には、シミ取りクリームで代用することが出来ます。

 

そばかす対策におすすめの商品

 

シミ取りクリーム,赤くなる,対処法

 

そばかす対策におすすめの商品を紹介します。

 

フレキュレル

そばかす対策専用クリームのおすすめの商品には、フレキュレルがあります。フレキュレルは、そばかす対策のために開発されていて、シミ取りクリームと違い、そばかすに特化した効果的なアプローチをしてくれます。

 

その分しっかりと効果を実感する人が多いです。また、フレキュレルは無添加であるため、敏感肌の人でも安心して使えます。さらに、ビタミンCの270倍の美白成分を配合していて、メラニンを排出する成分も配合されています。

 

シミウス

シミウスは、本格的なシミ対策の化粧品で、薬用美白成分がメラニン生成を抑制してくれます。また、コラーゲンとシコンエキスが配合されていることにより、保湿も出来ます。

 

サエル

サエルは肌の表面をラップのように包んでくれるバリア機能があり、メラニンの生成をストップしてくれます。また、敏感肌と乾燥肌も守ってくれます。

シミ取りクリームは妊娠中や授乳中に使って良いのか?

 

シミ取りクリーム,赤くなる,対処法

 

シミ取りクリームは妊娠中や授乳中に使って良いのか?について紹介します。

 

使えない場合

 

シミ取りクリーム,赤くなる,対処法

 

シミ取りクリームの中にハイドロキノンが多く含まれている場合は、妊娠中や授乳中の方は使ってはいけません。シミ取りクリームの取り扱い説明書にも、基本的に妊娠中や授乳中の使用は控えるようにと記載されています。

 

シミ取りクリームは内服するものではないですが、万が一を考えて使用しないことを推奨しています。

 

また、市販されているシミ取りクリームには、ハイドロキノンの配合濃度が非公開になっているものもあります。ハイドロキノンの配合濃度が低濃度であれば、副作用のリスクは少なく安心して使えますが、非公開のものは念のために使わないようにするのが無難です。

 

もしもハイドロキノンが高濃度のシミ取りクリームを使ってしまうと、肌荒れが酷くなってしまいます。

 

また、今までは普通に使えていた化粧品等でも、ハイドロキノンが入っているものを妊娠中や授乳中に使うと、肌荒れを起こしてしまうこともあるくらいハイドロキノンには注意が必要です。特に授乳中では母乳への影響もあり、メラニンが細胞分裂を繰り返して大きくなっている赤ちゃんの細胞を傷付ける事まであります。

 

それから、シミ取りクリームにはトレチノインという皮膚を剥がす成分も一緒に使われていて、この成分も使わない方が良いです。

 

使える場合

 

シミ取りクリーム,赤くなる,対処法

 

メーカーによっては妊娠中や授乳中でも使用出来ると記載されているシミ取りクリームもあるので、このようなものであれば使う事が出来ます。少しでも不安のある人は、医師に相談をしてから使用すると安心です。

ルミナスホワイトシミ対策ジェルの通販購入はこちら!トップページへお肌のシミやそばかすがコンプレックスの方、肌荒れや乾燥が気になる方は、トップページでルミナスホワイトシミ対策ジェルの詳細をチェックしてみてください。