シミ取りクリーム 副作用 影響

シミ取りクリームの副作用の影響とは?

 

シミ取りクリーム,副作用,影響

 

シミ取りクリームの副作用の影響について紹介します。

 

ハイドロキノンは刺激が強い

 

シミ取りクリーム,副作用,影響

 

シミ取りクリームに含まれているハイドロキノンは刺激が強いため、体質に合わないとアレルギーを起こしてしまう場合があります。

 

ハイドロキノンは安定性が低いために酸化しやすく、酸化の時に新たに刺激の強い成分が出来てしまいます。それが肌にダメージを与えてしまう事があります。使用期限が過ぎているのはもちろん、酸化して茶色く変色しているものは使用を避けた方が良いです。

 

ハイドロキノンの使用中は紫外線対策が必須

 

シミ取りクリーム,副作用,影響

 

ハイドロキノンは紫外線によりシミを濃くしてしまう作用があり、使用中は紫外線対策が必須です。

 

ハイドロキノンの使用中は、肌が敏感になっているため、通常よりも紫外線の影響を受けやすく、入念なUVケアが必要です。ハイドロキノンが配合されているシミ取りクリームを日中に使用するのは避け、SPF20以上の日焼け止めクリームでしっかりと紫外線対策を行いましょう。

 

ハイドロキノンの濃度が高いものには注意が必要

 

シミ取りクリーム,副作用,影響

 

ハイドロキノンはシミを消す美白効果が高いですが、濃度が高いものは長期間使用し続ける事で、シミ取りクリームを塗った部位が白く色抜けしてしまう事があります。

 

濃度が5%以下では白斑になることは少ないですが、高濃度のものを長期に使用するのは避けるのが無難です。高濃度のハイドロキノンを長期に使用してしまうと、白斑を引き起こす可能性が高くなります。

ほくろへのシミ取りクリームの効果は?

 

シミ取りクリーム,副作用,影響

 

ほくろへのシミ取りクリームの効果について紹介します。

 

基本的には効果なし?

 

シミ取りクリーム,副作用,影響

 

ほくろへのシミ取りクリームへの効果は、有用ではありません。肌の表面に出ているものには効果を発揮しますが、肌の深い部分まで関係しているほくろに対しては、効果は発揮されません。シミ取りクリームでほくろが消せると、期待し過ぎると良い結果が伴わなくなります。

 

シミ取りクリームが効果的なほくろとは?

 

シミ取りクリーム,副作用,影響

 

ほくろの中には、比較的シミ取りクリームが効果のあるほくろもあります。それは膨らまず、茶色の色をしているほくろです。茶色のほくろは肌の表面にできていて、色素が深い部分に達していないため、シミ取りクリームを塗ると色を薄くしたり、消したりする事が出来ます。

 

シミ取りクリームは塗って直ぐに効果が出るものではありませんが、時間をかけて薄くする事を目指していくと、塗らないよりは薄くなります。

 

シミ取りクリームが効かないほくろ

 

シミ取りクリーム,副作用,影響

 

シミ取りクリームが効かないほくろは、真っ黒い色をしていて少し盛り上がっているほくろです。ほくろが盛り上がっているのは表面だけ盛り上がっているのではなく、皮膚の深くまでに黒い細胞があります。

 

盛り上がっている高さの倍くらいは、下に黒いほくろが埋まっているイメージです。このため、そこまで深い位置までシミ取りクリームの成分を届けるのは難しいのです。

 

黒い色をしているほくろは、レーザー治療や切除をして消すのが最も効果的です。

シミ取りクリームの効果的な塗り方

 

シミ取りクリーム,副作用,影響

 

シミ取りクリームの効果的な塗り方について紹介します。

 

肌をキレイに洗う

 

シミ取りクリーム,副作用,影響

 

シミ取りクリームを塗る時は、塗る肌を綺麗に洗っておきます。洗った後の肌は水分を沢山含んでいるため、浸透力が高くなります。

 

綿棒を使って塗る

 

シミ取りクリーム,副作用,影響

 

シミ取りクリームは、綿棒を使って少量取ります。綿棒を使うとシミの部分からはみ出さずに塗る事が出来ます。普通の肌にシミ取りクリームが付いてしまうと、白斑が出来る事があるため、細心の注意が必要です。

 

日焼け止めを塗る

 

シミ取りクリーム,副作用,影響

 

丁寧にシミ取りクリームを塗ったら、次は日焼け止めを塗ります。これは最も重要な過程で、肌に直接日光が当たると敏感になるため、水疱等のトラブルが生じる事があります。室内にいても窓の近くにいると、紫外線が降り注いでいるため、油断をしてはいけません。

 

3〜4時間経過したら塗り直し、1日中日焼け止め対策を行いましょう。

 

日焼け止めの選び方

日焼け止めクリームは、SPFの高いものが効果があります。しかし、SPF値が高いと肌に負担がかかってしまいます。屋外で運動を行う事がなければ、SPF20〜30程度でも十分です。

 

そして、紫外線吸収剤を使用していないものを選びます。

 

シミ取りクリームの使用上の注意

シミ取りクリームは使用期限内に使い切り、保存をする時には冷蔵庫に入れます。酸化しているものを塗布すると、効果がないだけではなく皮膚の老化に繋がります。

 

更に長期に渡り使い続けると、肌が弱くなってしまいます。シミが薄くなってきたら、シミ取りクリーム使用を控えるようにしましょう。

シミ取りクリームでラップパックをする

 

シミ取りクリーム,副作用,影響

 

シミ取りクリームでラップパックをすることについて紹介します。

 

ラップパックの効果

 

シミ取りクリーム,副作用,影響

 

シミ取りクリームでラップパックをする効果は、ラップにより水分の蒸発がストップされます。その時、角質層がすかさず水分を再吸収して、角質層に水分が満たされ、真皮の働きが活発になります。

 

蒸発寸前の水分が皮脂と程良く混ざり、皮脂膜も出来ます。これによって、皮脂と水分のバランスが整って強い肌になります。その結果として、肌のターンオーバーも整います。肌のターンオーバーも整うことにより、顔のシミが剥がれやすくなるため、シミを効果的に消すことができます。

 

ラップパックのやり方

 

シミ取りクリーム,副作用,影響

 

ラップパックのやり方は簡単で、口と鼻の部分に穴を空けて、ラップを貼るだけです。注意点は、ラップを貼る時に汗が出るような環境を避ける事です。発汗すると皮脂を流してしまい、目的に反してしまうからです。

 

ラップパックはいつ行っても大丈夫で、メイク中でもお風呂上りでも出来ます。頻度も気にしないで、好きな時に行えます。

 

ラップパックでも加齢には勝てない

 

シミ取りクリーム,副作用,影響

 

ラップパックは肌本来の力を引き出す方法ですが、加齢による肌の衰えは止められません。ラップパックの効果は凄いですが、どんなに頑張っても加齢で肌のターンオーバーは衰えてしまいます。これは残念な事ですが、避けられません。

ルミナスホワイトシミ対策ジェルの通販購入はこちら!トップページへお肌のシミやそばかすがコンプレックスの方、肌荒れや乾燥が気になる方は、トップページでルミナスホワイトシミ対策ジェルの詳細をチェックしてみてください。