シミ取りクリーム 何歳から

シミ取りクリームは何歳から始めるのが望ましい?

 

シミ取りクリーム,何歳から

 

女性にとって、お肌にシミができてしまうのは何とも悩ましいものです。ある日いきなり、お顔にシミができているのを発見して「いつの間に!」と悲鳴を上げる人も珍しくありません。しかし、一度シミができてしまうと、そこからケアして何もない状態に戻すのはかなり手間がかかるものです。

 

昨今では、美白効果のあるシミ取りクリームなどで簡単にケアができるようになりましたが、できれば深刻な状態になる前にクリームを使い始めたいものです。では、クリームはいつから使い始めるのが正解なのでしょう。

 

若ければ若いほど良い

 

シミ取りクリーム,何歳から

 

実は、「年齢が若ければ若いほど良い」というのが正解です。幼少時から10代くらいの若い女性は、どんなに強い日光の元で遊んでいても平気ですし、実際にレジャーなどで日焼けする場合も多いと思います。しかし、そこで将来のシミの元を作ってしまうと、年齢を重ねてから取り返しのつかないことになるのです。

 

いくら最近のシミ取りクリームが有能だからといって、できてしまったシミを消すのは難しいのですから、一番良いのは「できる前にしっかり予防する」ことです。若い方ほど化粧もせず、日焼けも気にしていないと思いますが、遅くとも10代後半くらいになったらしっかりシミ取りクリームでケアをした方が良いでしょう。

 

化粧でしっかり肌を守らなくても、シミ取りクリームさえしっかりつけておけばかなり予防効果はありますので、将来のお肌を守るためにケアしていきましょう。まだ若いからそんなものいらないわ、とお思いのあなた、若いからこそシミ取りクリームが必要ですよ。

シミ消しクリームは塗るのでは効果なし?!塗るタイミングを知ろう

 

シミ取りクリーム,何歳から

 

シミ消しクリームの効果を引き出しやすくするには、正しい塗るタイミングを知っておく必要があります。

 

成分を浸透させることが大事

 

シミ取りクリーム,何歳から

 

シミ消しクリームを塗る際は、有効成分を最大限に発揮させるため、肌に浸透しやすいタイミングで塗ることです。シミは、肌表面にあるものと思われがちですが、実は内部にあるものなので肌内部までに有効成分をしっかりと届ける必要があるのです。

 

さらに、奥に隠れているシミに対しても効果を発揮させるため、如何に成分を浸透させるかがポイントとなります。

 

お風呂上りが浸透しやすい

 

シミ取りクリーム,何歳から

 

シミ消しクリームを塗るのに良いタイミングは、皮膚の水分が多く毛穴が開いた状態の時が浸透力が上がります。具体的なタイミングとして、お風呂上がりにシミ消しクリームを塗るのがベストです。

 

風呂上がりは肌に水分を多く含んで毛穴が開いている状態なので、このタイミングでシミ消しクリームを塗ることで肌内部まで有効成分を届けやすくします。しかも、お風呂上がりは肌や毛穴の汚れもしっかりと落ちている状態でもあるので、有効成分をより効果的に届けやすくします。

 

ハンドプレスをする

 

シミ取りクリーム,何歳から

 

シミ消しクリームをつける際は、ハンドプレスをおススメします。手のひらでプレスするように浸透させることでより浸透しやすくなり、肌の奥まで成分を届けやすくします。

 

よって、シミ消しクリームを塗るベストタイミングは、汚れが落ちて肌が奇麗な状態となっている「お風呂上がり」に「ハンドプレス」して塗って有効成分をしっかり届けることが良いです。

敏感肌でも使えるシミ取りクリームの選び方

 

シミ取りクリーム,何歳から

 

敏感肌の方には、シミ取りクリームを使うのが心配だと思う方もいると思うので、敏感肌の方でも使えるシミ取りクリームがあるのかを調べました。

 

敏感肌に良くない成分

 

シミ取りクリーム,何歳から

 

シミ取りやシミ消しに効果的な成分として知られているハイドロキノンやトラネキサム酸は、敏感肌の方が使用すると肌トラブルにつながってしまう可能性があります。

 

なので、敏感肌の方はハイドロキノンやトラネキサム酸といった成分が入ったシミ取りクリームを選ぶのを避け、敏感肌の方でも刺激の少ないシミに効果的な成分が入ったシミ取りクリームを選ぶことが必要です。

 

敏感肌に安心なものとは?

 

シミ取りクリーム,何歳から

 

敏感肌の方でも安心な成分として、ムラサキシキブエキスやグリチルリチン酸2K、人のセラミドと似ている天然セラミド、ユーカリエキスなどが挙げられます。

 

さらに、敏感肌の方が毎日使っても安心なように、肌への刺激に繋がってしまう界面活性剤やパラベンなどの防腐剤、香料を使用していないものを選ぶことも必要です。

 

シミ取りやシミ消しに効果的な成分の中には敏感肌の方が使うと肌へ刺激となってしまう可能性があるので、敏感肌の方でも使える天然成分で構成されているシミ取りクリームを選び、毎日使っても肌への刺激や負担にならないものを選ぶことで、シミに悩む敏感肌の方でもケアできます。

シミ取りクリームに即効性はある?

 

シミ取りクリーム,何歳から

 

シミ取りクリームに即効性はあるのでしょうか?

 

シミ取りクリームが効果的なシミ

 

シミ取りクリーム,何歳から

 

シミ取りクリ−ムが効果的なシミとしては、3つ上げられます。一つ目は、「老人性色素斑」です。これは、一般的「シミ」で頬など目に当たる所にできます。紫外線が原因で出来るもので、日焼けで過剰に生成したメラニンによって、肌に現れます。そして、シミ取りクリ−ムで比較的消しやすいタイプです。

 

次に「色素沈着」です。ニキビ、怪我の傷跡及び肌荒れの炎症の後に出来る茶褐色のシミです。また、シミ取りクリ−ムが一番効果的なのが、この「色素沈着」タイプです。そして、3つ目は「肝斑」と言われるもので、ホルモンバランスの乱れが原因で出来るものです。

 

これは、男性は発症しないことから、女性ホルモンの減少が考えられるとされています。

 

シミに効果的な成分

 

シミ取りクリーム,何歳から

 

そこで、出来てしまった「シミ」に効果的なシミ取りクリームの成分として2種類が上げられます。

 

そして、問題になって来るのは「シミ取りクリームの即効性」と言うことになります。「シミ」を薄くするものは、メラニン色素の還元と言うべき、肌を元の色に戻す働きがあり、現在厚労省に「還元作用がある」と認められている「ビタミンC誘導体」があります。

 

また、「ハイドロキノン」と呼ばれるシミ取りクリームの即効性に最も優れた成分もあります。これは、「肌の漂白剤」ともいわれ、皮膚科のシミ治療にも使われている強力な成分です。

ルミナスホワイトシミ対策ジェルの通販購入はこちら!トップページへお肌のシミやそばかすがコンプレックスの方、肌荒れや乾燥が気になる方は、トップページでルミナスホワイトシミ対策ジェルの詳細をチェックしてみてください。