シミの上手な隠し方

シミの上手な隠し方紹介

シミ,隠し方

 

シミの上手な隠し方を紹介してみます。

広範囲で薄いシミの隠し方

シミ,隠し方

 

シミには様々な種類のものがありますが、その1つに広範囲で薄いシミがあります。そのようなシミにはどのような隠し方が良いのでしょうか。

 

まず最初に、顔全体にリキッドファンデーションを塗りましょう。気になる部分を中心に、ムラのないように広げていきます。リキッドファンデーションでシミが気にならない程度になれば良いのですが、それでも気になる場合があります。

 

そのときには上から再度ファンデーションを重ねましょう。ファンデーションを重ねることで、薄いシミならしっかりカバーすることができるはずです。コーンシーラーを使うという方法もありますが、少し厚塗りに見えてしまう場合があるので注意しましょう。

 

ファンデーションを重ねる際に注意したいことは少量ずつ塗っていくことです。1度に塗りすぎると厚塗りに見えてしまいます。全体にファンデーションを重ねたら仕上げにスポンジや指でポンポンと軽く馴染ませましょう。

 

リキッドファンデーションにさらにファンデーションを重ねることでかなりカバーされるはずですが、それでも気になる箇所がある場合はファンデーションを乗せて指やスポンジで馴染ませるのを何度か繰り返してください。
そして最後にフェイスパウダーを軽く乗せれば完成です。

広範囲で色濃いシミの隠し方

シミ,隠し方

 

広範囲で色の濃いシミはしっかりと隠したいという人が多いのではないでしょうか。ニキビの跡などが残ってしまい、そのまま濃い色のシミになってしまうこともあります。そのような広範囲で色の濃いシミにはファンデーションに加え、コーンシーラーを使うのがおすすめです。

 

コーンシーラーは使い方を誤ると厚化粧に見えてしまいます。そこで、広範囲のシミをしっかりカバーしながらもナチュラルに見せるために、手の甲に取ってから指で顔に塗っていくようにしましょう。コーンシーラーを直接塗ると失敗してしまう可能性があるので注意してください。

 

さらにコーンシーラーを上手に塗るためのコツがあります。まずは、濃いシミが気になるからといって1度に乗せすぎないことです。気になる部分に少量ずつ乗せていくとよりナチュラルな仕上がりになります。

 

しかし濃いシミは1度ではカバーしきれないでしょう。そこで少量ずつ乗せ、指でぽんぽんと馴染ませることを気にならなくなるまで何度か繰り返していきます。

 

また、コーンシーラーを上手に利用するためには、伸ばすというよりも、乗せた部分を軽く叩きながら馴染ませてくイメージが大切です。

 

シミが気にならない程度に隠れたら、仕上げにフェイスパウダーを乗せましょう。

薄目の小さいシミの隠し方

シミ,隠し方

 

薄目の小さいシミには、老人性色素斑というものが代表的です。小さく薄いものなので、シミの中でも最も目立ちにくいものでもあります。

 

しかしやはりシミは隠したいものです。では、薄目の小さいシミにほどのような隠し方が良いのでしょうか。

 

このようなシミにはリキッドファンデーションと柔らかめのコーンシーラーを使います。1つ1つのシミの範囲が小さいために、指よりもポイントで乗せることができる筆を使用すると良いでしょう。

 

まずは顔全体にリキッドファンデーションを塗ります。その後に気になるシミの中心にコーンシーラーを乗せていきましょう。コーンシーラーは前項でも記載した通り、伸ばすというよりも軽く叩きながら馴染ませるのが基本です。

 

小さめのシミでも同様に、シミの中心部分にコーンシーラーを乗せた後、軽く叩きながら周りにぼかしてください。もしリキッドファンデーションがなく、パウダーファンデーションを使用する場合はコーンシーラーとファンデーションの順番が逆になります。

 

コーンシーラーでカバーしてからファンデーションを乗せるようにしましょう。

 

ここで気をつけたいのが、ファンデーションの乗せ方です。ファンデーションは、気になるシミの中心を最初に乗せることが大切です。

小さいけれど濃い色のシミの隠し方

シミ,隠し方

 

大きさは小さいけど色が濃いシミに悩む人も多いのではないでしょうか。大きさが小さくても色が濃い分、目立ちやすくなってしまいます。このようなシミにはどのような隠し方が適しているのでしょうか。

 

使うものはやはりリキッドファンデーションとコーンシーラーです。コーンシーラーは柔らかめのものよりもしっかりとカバー力に優れているタイプのものが良いでしょう。

 

まず最初にリキッドファンデーションを顔全体に塗ります。その後、コーンシーラーを乗せていきますが、先ほどとは異なり、肌に直接コーンシーラーを乗せるようにします。

 

やはり色が濃いとしっかりコーンシーラーをつけることが必要です。コーンシーラーを乗せたら指で馴染ませてください。

 

コーンシーラーには様々なタイプがありますが、小さめのシミにはスティックタイプが使いやすいでしょう。スティックタイプだと、直接肌にピンポイントでつけることができるからです。

 

コーンシーラーでシミが気にならなくなったら、他のタイプのシミと同じように、フェイスパウダーで仕上げをします。このようにシミの範囲や色に合わせて少しカバーの仕方を変えるだけで、よりナチュラルに、そしてしっかりシミを隠すことができるのです。

シミやそばかすを隠すメイクのポイント

シミ,隠し方

 

しみやそばかすをメイクで隠す時のポイントは、密着度の高いクリームタイプのファンデーションを使う事です。肌が乾燥していると、そばかすが余計に濃くなる可能性があるため、保湿力に優れたファンデーションを選びます。

 

コンシーラー

そして、コンシーラーも上手に使い分ける必要があります。そばかすが広範囲に広がっている場合は、クリームタイプのコンシーラーを使い、部分的にしっかりとカバーしたい場合は、スティックタイプのコンシーラーを使います。

 

また、コンシーラーの色選びも重要で、購入する時にはファンデーションと同じ色もしくはファンデーションよりも少し暗めのコンシーラーを選ぶと肌に馴染みやすいです。

 

メイクブラシ

メイクブラシも効果的に使い、ブラシを使う事で細かい部分にもしっかりとパウダーを塗れます。そのため、そばかすを隠すメイクには、ブラシを使うのは欠かさず、使用するパウダーの量も少なく済み、自然な仕上がりになります。

 

メイクブラシは、コンシーラーを塗る場合にも使う事が出来るため、1本持っていると非常に便利です。

 

フェイスパウダー

フェイスパウダーを使うと、メイクの密着度がより高まります。パウダーを仕上げにさっと顔に塗るだけで、顔全体を整える事が出来ます。肌に密着出来るため、メイク崩れも予防出来て、ムラのない自然な仕上がりに出来ます。そばかすを隠すには、ベースメイクは欠かせないです。

シミを隠すためのファンデーションの選び方

シミ,隠し方

 

シミを隠すためのファンデーションの選び方は、クリームタイプやリキッドタイプ、ケーキタイプなどのカバー力のあるファンデーションを選ぶのがオススメです。

 

クリームタイプ

クリームタイプは、テクスチャーが重い液状のファンデーションで、しっとりとした仕上がりになりますが、厚塗りになるデメリットもあります。油分が多いため、敏感肌や脂性肌の人には向いていませんが、カバー力が高いのが特徴です。

 

リキッドタイプ

リキッドタイプは、液状で保湿成分が配合されているため、乾燥から肌を守る効果のあるものが多いです。テクスチャーは、軽いタイプから重いタイプのものまであります。テクスチャーが重いタイプは、シミやくすみのカバー力が高いのが特徴です。また、コンシーラー機能もあるスティックタイプのものもあります。

 

ケーキタイプ

ケーキタイプは、水で湿らせたスポンジや板刷毛(いたばけ)を付けて使用するタイプです。伸びが良くて汗や水に強く、崩れにくいのでカバー力があります。

 

その他のファンデーション

ファンデーションには他にも種類があります。ルースタイプは、粉状でサラサラな使い心地で使用感が良く、ナチュラルな仕上がりになりますが、カバー力は低いです。また、パウダータイプは、粉末を固めていて、スポンジに粉末を付けて肌に塗っていくため、こちらもカバー力が低いです。

 

なので、ルースタイプとパウダータイプは、シミを隠したい方は選ばない事をお勧めします。

コンシーラーの種類と選び方

シミ,隠し方

 

コンシーラーの種類と選び方について紹介してみます。

 

コンシーラーの種類

ペンシルタイプ

ペンシルタイプは、名前の通り鉛筆のような形状をしているコンシーラーで、比較的油分が少なく細かい部分にも使いやすいです。

 

スティックタイプ

スティックタイプは、口紅のように繰り出し式の形状をしていて、硬めのテクスチャーでカバー力が高いです。

 

クリームタイプ

クリームタイプは、クリームのように柔らかいテクスチャーで、油分が多めで伸ばしやすいです。

 

リキッドタイプ

リキッドタイプは、水っぽい緩いテクスチャーでカバー力はやや低めですが、伸ばしやすく肌馴染みが良いです。

 

コンシーラーの選び方

コンシーラーの選び方は、下記のように目的に合わせて選ぶのがおすすめです。

 

ニキビやニキビ跡を隠す

ニキビやニキビ跡を隠すには、イエロー系やベージュ系のクリームタイプかスティックタイプを選びます。ニキビやニキビ跡は、赤みを帯びているものが多く、赤の反対の色であるイエローやベージュを重ねる事で赤みが隠せます。

 

クマを隠す

目の下のクマを隠すには、クマの色味に合わせたリキッドタイプを選ぶのがおすすめです。クマには、それぞれ色味が異なる3種類があるので、以下のように使い分ける必要があります。

 

青っぽい場合

オレンジ系かピンク系を選びます。

 

黒っぽい場合

クマの色よりワントーン明るいものを選びます。

 

茶色っぽい場合

イエロー系かオレンジ系を選びます。

 

シミやそばかすを隠す

シミやそばかすを隠す場合は、ファンデーションに似た色かファンデーションよりやや暗めを選びます。そして、カバー力の高いスティックタイプを使って隠します。

シミ隠しを上手に仕上げるための下準備

シミ,隠し方

 

シミ隠しをするための下準備としては、念入りに保湿を行う事です。

 

乾燥を防ぐ

洗顔料で肌に付いた汚れを落としたら、時間を空けないで直ぐに化粧水を付けます。そして、化粧水が乾く前に乳液や美容液を塗り重ねて、ハンドプレスで馴染ませます。乾燥しやすい肌には、セラミドやヒアルロン酸を含んでいるスキンケア化粧品を選ぶのがおすすめです。

 

化粧下地

乳液や美容液が肌にしっかりと馴染んだら、化粧下地を顔全体に均一に塗り広げていきます。化粧下地をしっかりと塗っておくと、肌が乾燥しにくくなり、時間が経ってもシミが浮き上がりにくくなります。忙しい朝も、きちんとベースを整えておく事で、1日中シミを隠せます。

 

すっぴんだとシミが目立ち、見た目年齢が上がってしまいます。UVカット機能付きであれば、日焼け止めを別に塗る必要がないため便利です。

 

マッサージをする

肌が乾燥していると、どうしてもシミが目立つため、メイクの前にマッサージをして顔の血色を良くし、日中の乾燥を防ぎます。美白有効成分が含まれている美白クリームを使ってマッサージを行うと最適で、血行促進と保湿ケアも出来ます。

 

また、シミの原因になるメラニン色素の生成を抑制し、使い続ける事でシミが生まれにくくなります。日中のメイク崩れを防いで、いつまでも綺麗な状態をキープ出来ます。

ルミナスホワイトシミ対策ジェルの通販購入はこちら!トップページへシミに悩んでいる方やすっぴん美肌を目指したい方はトップページでルミナスホワイトシミ対策ジェルについても確認してみてください。