シミをケアするスキンケア

シミケアに効果的なスキンケア商品の選び方と注意点

シミ,ケア,効果的,スキンケア,商品,選び方

 

お肌にできる黒いシミは、正しいスキンケアによって改善できる可能性があります。しかし、スキンケア商品の選び方や使い方を間違えてしまうと、シミを改善することができなくなってしまいます。そこで、シミケアに効果的なスキンケア商品の選び方と注意点について紹介してみます。

シミケアに効果的な洗顔料の選び方と注意点

シミ,ケア,効果的,スキンケア,商品,選び方

 

普段から、ただ何となく洗顔をしている方もいるかもしれません。しかし、洗顔はスキンケアのベースとなるお肌を作るとても大事な行程になります。そして、間違った洗顔方法を長年続けていると、それだけお肌にも影響を与えてしまいます。なので、まずは正しい洗顔方法を知ることから始めていきましょう。

 

ピーリング効果のある洗顔料を選ぶ

老廃物や古い角質が溜まったお肌の状態では、紫外線の影響により生まれたメラニンを排出することができません。また、加齢とともにターンオーバーが乱れ、新しい皮膚に生まれ変わりづらくなります。なので、洗顔でシミケアをするには、汚れた皮膚をクリアな状態にして行くことから始める必要があります。

 

そのためには、定期的に古い角質を取り除く「ピーリング効果」のある洗顔料を使うことが有効になります。ピーリング効果のある洗顔料には、AHA(アルファヒドロキシ酸)成分が配合されている洗顔料があります。

 

そして、ピーリング効果のある洗顔料を日常的にスキンケアに取り入れることで、メラニンを排出する美白効果にも期待することができるようになります。

 

洗顔でシミケアをする際の注意点

しっかりと泡立てる

洗顔料の中には、石鹸やフォームなどのように、泡立てて使うものが多くあります。これらを使う際は、よく泡立てて優しく洗うようにしましょう。泡が少ない状態で顔をごしごし擦ってしまうと、お肌を傷付けてシミの原因になってしまうので注意が必要になります。

 

シャワーを使わずぬるま湯ですすぐ

また、泡をすすぐ際はシャワーを使わず、ぬるま湯で行うようにします。シャワーの水圧は、泡を落とすのには最適のように感じますが、お肌にとっては強い刺激になってしまいます。そして、水温は32〜34度の、人肌より少し低いくらいが適温とされています。

 

人肌よりも高い温度にしてしまうと、泡だけでなく潤いや皮脂までも一緒に流してしまい、お肌を負荷を与えてしまうのです。

 

優しく拭き上げる

さらに、洗顔が終わった後も、タオルで優しく拭くようにしましょう。その際、肌を強く擦ることは、絶対にしてはいけません。

シミケアに効果的な化粧水の選び方と注意点

シミ,ケア,効果的,スキンケア,商品,選び方

 

シミケア化粧水の選び方

美白成分配合の化粧水を選ぶ

化粧水でシミをケアするには、美白成分が配合されているものが有効になります。美白化粧水の多くは、アルブチンやハトムギエキス、ビタミンC誘導体などの成分が配合されています。これらの成分は、メラニンを増やさない効果やターンオーバ―を活性化させる効果に期待ができます。

 

ハイドロキノンを含む化粧水には注意が必要

美白効果のある化粧水には、「シミを予防する」タイプと「シミの漂白に効果が期待できる」タイプの2種類があります。そして、シミの漂白に効果が期待できるタイプの化粧水には、「ハイドロキノン」と呼ばれる強い成分が配合されています。

 

ハイドロキノンは少し強い薬なので、敏感肌の方やいきなり高い濃度のものを使用すると、アレルギー反応や肌荒れを起こすことがあります。なので、お肌が敏感な方は医師の診察を受けたり、パッチテストをしてくれるクリニックを利用するなどしてから様子を見て使用しましょう。

 

また、ハイドロキノンを塗布した後の肌は、紫外線により白斑ができる副作用の恐れがあるので、紫外線対策として日焼け止めの使用が必須になります。

 

保湿成分配合の化粧水を選ぶ

加齢によりコラーゲンが減少すると、お肌が乾燥しやすくなります。その場合は、シミケアの他に保湿効果もある化粧水を選ぶ必要があります。肌が乾燥して潤いが減少すると、角質層が厚く硬くなり、古い皮膚や細胞がお肌に残りやすくなります。

 

また、角質に隙間ができるなどの乱れも発生し、肌の水分が蒸発しやすくなるという悪循環に陥ってしまいます。そうすると、肌細胞が不活性により、ターンオーバーが正常に行われなくなりメラニンが排出されず、シミの原因になってしまいます。

 

つまり、シミをケアするには、美白ケアと保湿ケアの両方が重要になるのです。

 

化粧水でシミケアをする際の注意点

化粧水は、洗顔後のお肌に使用します。化粧水をたっぷりと手に取り、お肌に馴染ませるように塗布していきます。その際、お肌を強く叩くとキメを崩してシミの原因になってしまうので、手のひらを丸くして優しく包みこむように頬に当てていきます。

 

また、おでこや首元、デコルテ部分にも使用する際も、同様に優しく塗布するようにします。

シミケアに効果的な美容液の選び方と注意点

シミ,ケア,効果的,スキンケア,商品,選び方

 

シミケア美容液の選び方

美白成分配合の美容液を選ぶ

スキンケアの基本は、洗顔・化粧水・乳液の3ステップですが、そこに美容液を追加することでより効果的なシミケアを行うことができます。シミケア目的の美容液を選ぶ場合は、美白成分であるアルブチンやハトムギエキス、ビタミンC誘導体などが配合されているものを使用するようにしましょう。

 

目元のシミには専用の美容液を使う

シミができやすい目元は、顔の中でも特に皮膚が薄いので、目元専用の美容液を使用するのがおすすめです。ただし、多くの美容液には、化粧水よりもぎゅっと濃縮した成分が配合されているので、お肌にアレルギーがある方は配合成分に注意する必要があります。

 

アレルギーなどのトラブルが心配な方は、オーガニック素材がメインの美容液や、保存料や鉱物油などが不使用の美容液もあるので、お肌のタイプに合わせて選んでいくと良いでしょう。

 

美容液でシミケアをする際の注意点

美容液を使用するタイミングと量

美容液は、化粧水を使用した後の乳液を塗布する前のお肌に使用します。先に乳液を塗布してしまうと、油膜が張られてしまい効果が薄れる可能性があります。なので、使用の順番は正しく行っていくことが重要になります。

 

また、ケチるなどして一回で使う量を少なくすることも効果を減少させることに繋がるので、正しい使用量を守るよう心掛ける必要があります。

 

美容液は浸透させる必要がある

美容液は、タイミングと量を守るだけでなく、お肌へ浸透させなければ効果は発揮されません。そこで、美容液の浸透力を高める方法について紹介します。

 

蒸しタオル

洗顔後の肌に、蒸しタオルを1〜3分程乗せることにより、血行が促進され美容液が浸透しやすくなります。

 

2度塗りやパックを使う

シミやお肌の気になる部分には、美容液の2度塗りやコットンに染み込ませてパックにすることで、お肌へより浸透させることができるようになります。

 

美容液に蓋をする

美容液をお肌へ染み込ませることができたとしても、時間の経過とともに蒸発する恐れがあります。なので、美容液を染み込ませた後は、保湿クリームや乳液で美容液を閉じ込めてあげるとより効果的になります。

ルミナスホワイトシミ対策ジェルの通販購入はこちら!トップページへお肌のシミやそばかすがコンプレックスの方、肌荒れや乾燥が気になる方は、トップページでルミナスホワイトシミ対策ジェルの詳細をチェックしてみてください。